akishinonomiya-keiko

秋篠宮ご夫妻の次女の佳子さまは25日、鳥取県で開かれた高校生による手話パフォーマンスの全国大会に出席し、手話を交えてあいさつをされた。
佳子さまは成人後、初めて一人で地方を訪問したほか式典であいさつを述べるなど、成年皇族としての公務にあたっている。
秋篠宮ご夫妻と次女佳子さま、長男悠仁さまは17日、東京都新宿区で、沖縄戦の巻き添えになった子供らを戦後70年の節目に慰霊する集い「沖縄地上戦と子どもたち」に出席した。
秋篠宮家の次女佳子さまが通う国際基督教大学(東京都)に、佳子さまに危害を加えると予告する文書を送ったとして、警視庁は14日、京都市の男(33)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。
秋篠宮さまと次女の佳子さまは28日、大津市の滋賀県立近代美術館を訪れ、全国高校総合文化祭「びわこ総文」の美術・工芸部門に出品された絵画や彫刻などを鑑賞された。
皇后さまの傘寿を祝う宮内庁楽部職員による洋楽演奏会が26日、皇居・桃華楽堂で開かれ、天皇、皇后両陛下をはじめ、皇太子ご夫妻や秋篠宮家の次女、佳子さまが出席された。
秋篠宮家の次女佳子さま(20)が初めて宮中晩餐会に出席した。
秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(20)に危害を加える書き込みをネット掲示板にしたとして、警視庁は21日、偽計業務妨害容疑で男(43)を逮捕した。
秋篠宮佳子さまに危害を加えるとほのめかす内容が、2ちゃんねるに書き込まれていた。「男に逆らえないようにしてやる」などと、複数回にわたって書き込みがあった。
秋篠宮家の次女、佳子さま(20)の人気が高まっている。その一挙手一投足がメディアで注目を集め、「佳子さまフィーバー」とも呼べる状況だ。その背景にあるものは何なのか。『「象徴天皇」の戦後史』の著書で、象徴天皇像の形成や変化にメディアがどう関与してきたのかに詳しい神戸女学院大の河西秀哉准教授(37、日本近現代史)に聞いた。