akishinonomiya-keikosama

秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまが12月29日に22歳の誕生日を迎えた。ベージュ色のドレスに帽子姿の佳子さまは皇居で、天皇皇后両陛下に誕生日の挨拶した。
秋篠宮家の次女佳子さまは13日、都内で開かれた「第38回少年の主張全国大会」に出席された。
秋篠宮佳子さまに危害を加えるとほのめかす内容が、2ちゃんねるに書き込まれていた。「男に逆らえないようにしてやる」などと、複数回にわたって書き込みがあった。
秋篠宮家の次女、佳子さま(20)の人気が高まっている。その一挙手一投足がメディアで注目を集め、「佳子さまフィーバー」とも呼べる状況だ。その背景にあるものは何なのか。『「象徴天皇」の戦後史』の著書で、象徴天皇像の形成や変化にメディアがどう関与してきたのかに詳しい神戸女学院大の河西秀哉准教授(37、日本近現代史)に聞いた。
秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(20)は2日午前、国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)の入学式に出席された。
秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは15日、20歳の成年を迎えたことを報告するため武蔵陵墓地を訪れ、昭和天皇の武蔵野陵と香淳皇后の武蔵野東陵を参拝した。
新年恒例の「歌会始の儀」が14日、皇居・宮殿「松の間」で開かれた。今年の題は「本」。成年皇族となった秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは初めて出席された。
皇居で1月1日、恒例の「新年祝賀の儀」があった。秋篠宮佳子さまは成年を迎え、初めてティアラ姿で参列した。
秋篠宮ご夫妻の次女・佳子さまは29日、20歳の誕生日を迎え、ティアラを身につけて、皇居で天皇皇后両陛下にあいさつをされた。
秋篠宮家の次女佳子さまは、東京・渋谷で行われた「第36回少年の主張全国大会」に出席した。宮内庁によると、佳子さまの単独での公務は今回が初めて。
宮内庁は10月30日、秋篠宮家の次女の佳子さま(19)が国際基督教大(ICU、東京都三鷹市)教養学部アーツ・サイエンス学科に合格した、と発表した。
秋篠宮ご夫妻の次女で学習院大学に在学中の佳子さまが、4日午後、ホームステイ先のアメリカから帰国した。