akurifuzu-noyakukonnyu

製造した冷凍食品から農薬が検出される事件が起きた、マルハニチロホールディングスの子会社のアクリフーズ群馬工場(群馬県大泉町)の従業員、66人が今月末までに自己都合で退職する見込みだ。また、41人の従業員が処遇未定の状態だという。群馬労働局が27日、会社側からの聞き取り調査の結果を公表した。
アクリフーズ群馬工場で発生した冷凍食品農薬混入事件で、49歳契約社員の男が逮捕され、ついに容疑を認めた。今回の報道で容疑者が「契約社員勤続8年」ということに疑問を持つ人が多いと思う。
食品大手マルハニチロホールディングス(HD)の子会社アクリフーズの群馬工場で製造された冷凍食品から農薬が検出された事件は、同工場で働いていた従業員が農薬を混入した疑いで逮捕され、新たな展開を迎えている。