amazon-jefu-bezosu

90年代後半に渋谷はビットバレーと呼ばれるインターネットビジネスの一大拠点だった。この地から世界に飛び出したのが、富士山マガジンサービスCEO西野伸一郎さんだ。
PRESENTED BY HARD THINGS
2014年は変化が急激に発生する年になりそうだ。最も著しい変化とは携帯端末による消費だ。メディアのこれまでの歴史の中でも最もスピードが速い変化といえよう。過去10年間で、携帯機器の所有数が5倍になったばかりか、携帯機器を使ってできることや、消費や通信の行動パターンが大きく変わっている。
チャリティーに便利な購入プログラムの立ち上げ、日曜配達の発表、そしてホリデーショッピングの準備と、Amazonはこの数週間多忙を極めた。しかし、それでもCEO Jeff Bezosは、テレビ番組 "60 minutes" でCharlie Roseと長時間過ごすことをためらわなかった。
銀行員が起業したり、メーカから大学院に進んだり、インフラ会社からNPOを起こしたり、役人から出馬したり、周りにはそんな知人が多いけど、結果うまく行ってる例は多くありません。
簡単な「顧客関係管理(CRM)」(顧客のデータベースを基に、個々のニーズに即した対応を実施して、顧客の満足度を高め、会社の収益性を向上させる仕組み)ツールを使えば、収入は何百倍にも増える可能性がある。ベゾスはこれを良く知っている。彼のメッセージはシンプルだ。どの消費者も特異な顔を持つ読者だ。だから、よく理解し、特異な読者として扱われるべきなのだ。
8月5日月曜日午後4時15分、ワシントン ポスト紙の発行人キャサリン・ウェイマスは社員に、会社の一階のホールで15分後に「ある発表」をすると伝えた。一部の社員は、半年ほど前から売りに出ているダウンタウンのその歴史的な本社ビルをワシントンポストがついに売ったのではないかと推測した…
世界的な影響力を持つ米有力紙ワシントン・ポストは5日、米インターネット小売り最大手アマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)に同紙が売却されると発表した。ベゾス氏個人が同紙を発行するワシントン・ポスト社から2億5000万ドル(約246億円)で買収する。アマゾンはこの買収に関与しないという。