ame

7時40分時点では、鹿児島、長崎、佐賀、福岡、広島、福島、宮城の各県に、土砂災害警戒情報が発表されています
低気圧に向かって湿った空気が流れ込みやすくなるため、関東や東海など太平洋側を中心に局地的な強雨に注意が必要です。
今のうちに飛ばされやすいものを室内に片づけておいたり、雨戸を閉めるなど対策を早めに行ってください。
沖縄本島から台風の中心は離れていきつつありますが、このあとも発達を続けるため猛烈な暴風が吹き荒れます。
高くまで発達した入道雲が近づいてきたり、空に広がる雲の底が濃い灰色や黒っぽく見えてきたら、要注意のサインです。
関東甲信でこれまででもっとも遅い梅雨明けは1982年で8月4日だった。
今後も河川の増水や氾濫のおそれがあり、道路冠水、低地の浸水、土砂災害などにも警戒が必要です。
日本海にある梅雨前線に向かって、南西から暖かく湿った空気が流れ込み、早朝から九州北部では激しい雨が降っています。