ameijingu-supaidaman2

『スパイダーマン』シリーズは、マーベル・コミックス(アメコミ)のヒーローの中でも、比較的メジャー映画化が遅い。『スパイダーマン』(2002年)、『スパイダーマン2』(04年)、『スパイダーマン3』(06年)となっていた。これは、スパイダーマンの動きの映像(イメージ)を実現するのに、3Dも含めたCG(コンピュータ・グラフィック)の技術の進歩が必要であったからと考えている。
スパイダーマンは62年生まれ(筆者よりも1つ年上!)で、マーベルコミックスの人気アメコミキャラクター。本作は新シリーズ2012年の『アメイジング・スパイダーマン』の続編に当たる。このスパイダーマンの特徴は、アメコミの他のヒーローに比べて、「親愛なる隣人」といわれるだけあって、等身大というか、喜びや悲しみを持って人生を切り開いている。特に恋に悩みながら成長する姿には共感する方も多いのではないか。