amerika-nsa

米国家安全保障局(NSA)の元契約職員、エドワード・スノーデン容疑者は、ブラジルでのNSAの監視活動について同国議会が捜査を進めていることに関し、協力する意向を示した。しかし、ブラジル政府は17日、亡命を認めることは検討していないと明らかにした。
米国の諜報機関による外国要人の盗聴問題に関して、徐々にではあるが盗聴の具体的な手法が明らかになってきた。各国の米国大使館を拠点として、携帯電話の電波を直接受信したり、相手の携帯電話にスパイウェアを忍び込ませる手法が用いられているという。
ハフィントンポスト各国版10月28日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。イギリス版とフランス版では、ヨーロッパにハリケーン並みの嵐が襲来して、各地に大きな被害が出ていることを伝えています。各地で大規模停電が発生し、交通機関にも大きな乱れが出て、洪水の被害も相次いでいます。