amerika-tpp

アメリカ人の経済学者が日本経済の復活のために日本が何をしなければならないかを書いています。
上院での議論で、TPPが長く白熱することが明らかになった。これからは、はるかに激しい消耗戦が待ち受けている。
アメリカ上院は21日、オバマ大統領が抱える貿易上の課題である法案の審議を終え、評決で環太平洋経済連携協定(TPP)締結の前提となるファスト・トラック法案(TPA)を可決した。
米政府高官は18日、来週行われる日米首脳会談では環太平洋連携協定(TPP)をめぐる合意の発表はないとの見通しを示した。 オバマ大統領は24日に安倍晋三首相と会談するが、同高官によると、両首脳は貿易交渉のこれまでの成果を評価し、次の段階へ進めることを表明する公算が大きいが、焦点となっているコメ、牛肉、豚肉、砂糖の関税など詳細には踏み込まない見込み。