amerika-yuki

アメリカを襲った大規模な寒波は1月24日時点で少なくとも19人が死亡し、首都ワシントンは24日も強い吹雪に見舞われた。
米国全土が11月としては異例の寒さに見舞われ、国立気象局(NWS)によると、ハワイ州を含む全米50州で18日に気温が氷点下を観測した。ニューヨーク州西部では大雪が降り、4人が死亡した。
米北東部は3日、大雪や厳しい冷え込み、強風に見舞われ、空の便をはじめ交通網が大きく乱れたほか、政府機関や学校が閉鎖されるなどした。米国立測候所(NWS)によると、寒波の影響で例年を大幅に下回る水準まで気温が下がり、記録的な低温となる恐れもあるという。