anaunsa

同期の青木アナから『ナショナルジオグラフィック』まで…。たくさんのエールが寄せられています。
安住紳一郎アナの言葉に支えられた局アナ時代を経て、2021年10月からドイツに移住。「自分の心に正直に生きられるようになった」と話す、彼女の新たな挑戦。
冒頭で、「様々なご意見もあるかと思います。誰が悪いということは一切これに関してはありません」と説明した
東京パラリンピックでは難民選手団をサポート。「求められている姿に一生懸命なろうとしている自分」がいたと過去を振り返る彼女が、新たな道に進んだ理由【インタビュー後編】
『あさチャン!』は、みのもんたさんが総合司会を務めた『朝ズバッ!』の後番組として2014年3月にスタート。世界各地の報道特派員とスタジオをライブでつなぎ、世界の“今”を伝えてきた。
女性アナウンサーらが繋がる「女性アナウンサーネットワーク(FAN)」を、元TBSアナウンサーの小島慶子さんが中心となり立ち上げました。狙いは、ジェンダーステレオタイプに基づく役割を求められることもあるアナウンサーが課題を共有し、長い目でキャリアを築けるようにすることなどです。小島さんに話を聞きました。
職場での義理チョコ文化に抱く違和感。「そもそも私たちは男女平等に皆同じように働いているのに...」
30歳を迎えた弘中綾香アナ。女性としての生き方を大きく変えた、ある出会いについて赤裸々に語った。
【加藤藍子のコレを推したい、第4回】『夢で逢えたら』(吉川トリコ著)の主人公たちは、あまり友達になりたくないタイプだ。しかし、女たちの最高の景色を見せてくれる。