anketo

ネットで繰り返される「マスゴミ」批判。そうした言葉のウラにはどのような「メディアの理想像」があるのか、真摯に向き合いたいと思います。
「反対意見なども勉強、検討してから発する方が良い」(50代男性)、「『そんなことを言っている暇があるなら勉強しろ』という意見にはうんざり」(10代女性)など様々な意見が寄せられました。
参院選の候補者たちに対し、子育て政策に特化したアンケート調査を、ママ・パパでつくる団体が行なっている。選挙戦では年金や増税の問題が注目される中、子育てに絞って候補者の考えを「可視化」しようとするのはなぜか。
「セクシュアルハラスメント被害と職場の対応」に関するアンケート結果が公表された。回答した人の約7割がセクハラ被害にあっていた。
全81大学に2019年度入試の受験者数、合格者数の男女比を聞いた。74大学から回答があった。文部科学省から「不適切な事案」として指摘を受けた東京医科大や順天堂大学、「性別や年齢などにより差異を設けていることが疑われる」とされた聖マリアンナ医科大学からは回答がなかった。
東京医科大の事件が発覚してから半年後の入試、各大学の再発防止の取り組みを聞いた。
「人間関係を築くことができる」「時間をかけてスキルを伸ばせた」就業した人の声を紹介します。
PRESENTED BY エン・ジャパン
競技の特性などが観戦スタイルに影響していると考えられます。
「性暴力と服装」めぐる固定概念は、いまなお根強いことがわかる。
実効性を高めるには構成と運営の両面に亘る改善が求められる
40歳以上のファンは、プロ野球、Jリーグで63%、Bリーグでも53%を占めており、高齢化が進んでいると言えます。
調査では、働き方が恋愛や婚活にも大きな影響を及ぼしていることが浮き彫りになった。
ベビーカー使用者の「気づかい」も調査している。
『エン派遣』 が、仕事でのストレス度合いとその原因についてアンケート調査を行ないました。その結果をご報告します。
PRESENTED BY エン・ジャパン
ハフィントンポスト日本版では読者の皆様によりよいニュース、コンテンツをお届けするため、「ハフィントンポスト日本版 ユーザー調査」を実施いたします。33項目の選択式で、所要時間は10分程度です。
「各候補者がこれらの問題をどう理解し、どのように向き合っていくのかを知ることは米国の有権者にとって有益だ」。
住まいの貧困に取り組むネットワークでは、参議院選挙に向けて、主要政党に住宅政策に関するアンケート調査をおこないました。
消費増税を含めた物価が上昇し、家計の実収入が伸びない中個人消費は低迷が続いています。