anpanman

昨年10月13日、94歳で亡くなった「アンパンマン」の作者やなせたかしさん。今年7月5日から公開中の映画シリーズ26作目『それいけ!アンパンマン りんごぼうやと みんなの願い』は、“生涯現役”を貫いたやなせさん最後の絵本をもとに制作された。
「釣りタイトルは許されるのか?」「読者に届くにはどう工夫すればいいのか」。日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)では、ソーシャルメディア時代のジャーナリストに必要なスキルについて話し合う、ジャーナリストキャンプ2014の報告イベントを6月28日に法政大学で開催した。
アンパンマンミュージアムの周囲には田んぼなども広がっている。風景を眺めながらさらに車を走らせていく。そこで僕の耳に突然、声が聞こえてきた。子どもの声だ。「助けて!アンマンマン」という悲鳴に似た声。
私には来月で2歳になる娘がいるが、同年代の子どもを持つママさんたちとしゃべっていると、「雨の日なにして遊んでる?」というのがよく話題にあがる。雨の日は公園にも行けないので、どこの家庭も子どもの対応に手を焼いているようだ。私の場合は常に自転車行動なので、雨の日は外に出ることすらままならない。必然的に家で遊ぶことになる。
しかし今日はそんな流れに真っ向から逆らう“何の役にも立たない記事”を書こうと思う。お時間のない方は全力で引き返すことをおすすめします。
「それいけ!アンパンマン」の映画を無断で有料上映したとして、大阪府内の自称映画興行者の父子2人が逮捕された。
国民的に人気アニメ「それいけ!アンパンマン」の作者、やなせたかしさんが10月13日、東京都内で亡くなった。94歳だった。