appurinku

閉館の理由については「再投資をしても先が見えない状況となり、閉館という決断を余儀なくされました」と説明した。
原告側は「被告らの行為を許したわけでもなければ、水に流したわけでもない」とのコメントを出している
代表の浅井氏は「不適切な言動があったことを深く反省し、謝罪致します」とのコメントを発表している。
オランダの自然保護区を追ったドキュメンタリー『あたらしい野生の地—リワイルディング』が10月下旬から公開される。マルク・フェルケルク監督にハフポスト日本版がインタビューをした。
学生団体「SEALDs(シールズ)」の活動を追ったドキュメンタリー映画「わたしの自由について」が公開される。半年の間メンバーに密着した西原孝至監督らがインタビューに応じた。