ARASHI

5月31日のファイナルイベント「SAYONARA 国立競技場 FINAL FOR THE FUTURE」を最後に、7月から解体工事が始まる国立競技場(東京都新宿区)。1964年に開催された東京オリンピックのメイン会場だったこの場所は、スポーツの聖地として知られているが、音楽のコンサートやライブの単独公演を行ったグループやアーティストはこれまで6組しかおらず、音楽ファンにとっては憧れのステージだった。国立競技場で行われた、豪華な音楽公演の数々を振り返ってみる。
春の息吹を感じその到来が近づくにつれ、思わず口ずさんでしまう一曲がある人も少なくないはず。そこでオリコンでは、恒例の『桜ソングランキング 2014』を今年も発表した。
大みそかに放送される「第64回NHK紅白歌合戦」。2013年の司会は、人気グループ「嵐」と女優の綾瀬はるかさん。総合司会は、有働由美子アナウンサーが務める。また、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロイン・天野ユキを演じた能年玲奈さんも「紅白PR大使」として紅白歌合戦を盛り上げている。
コロラド大学ボルダー校で大気宇宙物理研究所の所長を務めるダニエル・ベイカー教授は、太陽嵐が現代社会にもたらす脅威に対して、政策立案者は真剣に取り組む必要があると提言している。同教授は、特に2012年7月に発生した巨大な太陽フレアによって懸念を深めている。
嵐やAKB48のサインを家族で偽造してヤフオクなどで販売したとして、「一家」三人が詐欺の疑いで逮捕されるという事件があり、妙に興味をひかれたので、これについて少し。
荒れ狂う空を眺めることほど、自分が本当はいかに小さくて無力な存在であるかを強く実感させる経験はない。近所で本物の嵐が吹き荒れることなどないという人には、ミッチ・ドブロウナー氏の驚くほど美しい写真を見て、そういう衝撃的な感覚を味わってほしい。