ariana-hafinton

ニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループ」は7月27日、ロンドンを拠点とするハフポストアラブ版を設立した。これでハフポストのグループ全体としては14番目の国際版サイトの誕生となった。
立ち上げから10年の間に、私たちはどんなことでも「イエス」と言うようにしてきました。リスクを取り、挑戦し、いつも前進してきたのです。
ハフィントンポストUS版が5月9日に設立10周年を迎えるにあたり、アメリカのニューヨークで7日、ハフィントンポストの各国版の編集長らを集めた記念イベントが開かれた。
積極的な社会活動で知られるヨルダンのラニア王妃(44歳)はアリアナ・ハフィントンのインタビューで「ISISの、イスラムを意味する1つめの“I”をなくすべきです。なぜなら彼らにはイスラム的な要素がまったくないからです」と述べた。
国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事は、男女平等を「道徳的要請」だとし、それによって世界経済に利益がもたらされると訴えた。
アリアナ・ハフィントンと「グローバル・シチズン」創設者のヒュー・エヴァンス氏は、ハフポストとグローバル・シチズンがパートナーシップを結ぶことを発表した。
彼らの答えは一つだった。それは、エクセサイズやトレーニング、ましてや、成功願望や、地位や名誉、権威欲でも金の力でもない。
ハフポスト・インド版が2014年12月8日、開設した。インド版編集長のスルティジス・KKさんとハフポスト創業編集長のアリアナ・ハフィントンさんに話を聞いた。
私にとっては、最高の帰郷となりました。人同士がつながり合い、面白い会話が弾むギリシャの伝統に、ハフポストがしっかりと根差しているからでもあります。
国際的な軍事専門誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー」で東京特派員を務めていたジャーナリストの高橋浩祐氏(45)が、「ザ・ハフィントン・ポスト日本版」の新しい編集長を務めることが決まり、8日、就任しました。