ariana-hafinton

ビル・ゲイツやレディ・ガガ、山中伸弥さん、孫正義さん、秋元康さん...。最近、世界中の著名人たちが頭から氷水をかぶる動画が、ネットを賑わせています。これは、難病である「ALS」の認知度を高めるためのキャンペーンで、「アイス・バケツ・チャレンジ」と呼ばれるものです。
適応力、つまりいろんな環境に対応できる能力は、人間の特性の中では一番魅力的なものとはいえない。しかし専門家に言わせると、幸福で満足感に溢れた人生をおくるためには欠かせないものなのである。
5月9日はハフィントンポストアメリカ版のローンチ9周年です。祝福したいことは山ほどありますし、途方もない私の夢を超えるようなことも数多くありました。
インターネットニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」韓国版が、2月28日に開設された。ソウルに日米韓の3女性編集幹部が集まり、日韓の将来やネットメディアの展望を話し合った。
米国老舗メディアの「ロックスター」たちが、次々と新興メディアに移籍し、新たな〝未来のジャーナリズム〟を切り開こうとしている。その動きは、以前の投稿「『ジャーナリズム』のアンバンドル化が意味するもの」でも紹介した。これに対して、厳しい批判の声が、業界の各方面から上がっている。問題はその豪華な顔ぶれだ。
ソウルからアンニョンハセヨ。私はハフポスト・コリアのローンチを発表するために、ソウルに来ています。ハフポストから発信した報道を皆さんに伝えながら、ブログのプラットフォームで若い人から大人までの意見を集めて対話の扉を開くという、ジャーナリズムにさまざまなアプローチの組み合わせを行う試みは、数えて11カ国目になります。
成功とは、国によって、また世代によってどのように変わるのだろうか?さらに重要なことには、我々は年を重ねるにつれて成功についてどのように感じるのだろうか?これらの質問は、我々が昨年第三の基準(The Third Metric)を立ち上げてから、世界中のハフィントン・ポスト読者やブロガーに投げ掛け続けているもので、先週ワールドポストを立ち上げた時と同じくらい大きな反響のある質問だ。
ダボスからこんにちは。私の心はグローバルに広がっています。私たちがベルグレン研究所と共同で「ワールドポスト」を立ち上げるために、このダボス会議の場を選んだのです。
長野智子・報道キャスターがハフィントンポスト日本版のエディター・アット・ラージ(編集主幹)に就任したことを受け、ハフポスト創業編集長のアリアナ・ハフィントンがメッセージを寄せた。
年末年始の休暇を目の前にして、シンディ・レイヴィーとミカ・ブルゼジンスキーと一緒に、私はある決心をしました。生活からテクノロジーを排除し、新しい年を迎えるまでに自身を充電、再生させるのは今しかないと思ったのです。