arujeria

サッカーワールドカップのブラジル大会は6月30日(日本時間7月1日)に18日目を迎え、決勝トーナメント1回戦のドイツ対アルジェリアは延長戦の末、ドイツが2対1で勝ち、16大会連続のベスト8進出を決めた。
負ければグループリーグ敗退が決まるポルトガルは、後半アディショナルタイムにアメリカに追いつき、2-2と引き分け、最終戦のガーナ戦に望みを残した。
サッカーワールドカップのブラジル大会の6日目を迎えた6月17日(日本時間18日)、グループHの第1戦ではベルギーが2―1でアルジェリアに逆転勝ち。グループAの第2戦では、ブラジルとメキシコの中南米対決となったが、0―0で引き分け。グループHの第1戦も、ロシアと韓国が1―1で引き分けた。
アルジェリアの人質事件に始まり、北朝鮮の粛清劇に終わった2013年。シリア情勢は収束の兆しが見えず、アメリカは威信を低下させた。日中韓、そして北朝鮮のもつれた東アジアの糸はいっこうにほどけそうにない。主要な国際ニュースを駆け足で振り返ってみた。
「アラブの春」で混乱状態に陥ってから3年以上が経つが、シリアにおける内戦は一向に出口が見えない。エジプトでは、民主的な手続きを経て政権を獲った原理主義集団のムスリム同胞団が軍事クーデターにより倒された。中東地域の民主化運動として世界中の耳目を集めた「アラブの春」は、シリアやエジプトで綻びを見せている。
西アフリカ・ニジェール北部のサハラ砂漠で、女性や子供を含む92人が遺体となって発見された。発見された場所が国境付近であったために、遺体はニジェールからアルジェリアに亡命しようとしていた移民ではないかと考えられてる。ロイターが報じた。