aruzenchin-deforuto

アルゼンチン大統領選挙は野党候補のマウリシオ・マクリ氏が勝利しました。マクリ氏はビジネス寄りの政策を打ち出しており、国際金融界から同国が見直される可能性が......
米連邦地方裁判所のトーマス・グリーサ判事は21日、アルゼンチンのフェルナンデス大統領がデフォルト(債務不履行)債を自国法に準拠する新国債に交換するよう債権者に促す法案を提案したことを受けて、米東部時間同日午後3時(日本時間22日午前4時)に公聴会を設定した。
アルゼンチンの債務問題をめぐり、国際的な銀行と債務再編に応じなかった債権者(ホールドアウト)との間の協議が難航していることが12日、関係筋の話で明らかになった。 シティ、ドイツ銀行、HSBC、JPモルガンは前週、ホールドアウト債権者が保有するアルゼンチン債約16億6000万ドルを1ドル当たり40
アルゼンチン政府は11日、2001年のデフォルト(債務不履行)に伴う債務再編に応じなかった米ファンドなどの「ホールドアウト」債権者との裁判に米政府が介入するよう要請した。
米連邦地方裁判所のトーマス・グリーサ判事は1日、アルゼンチンのデフォルト(債務不履行)は同国の債務返済義務を消失も軽減もしていないとして、過去の債務再編に応じなかったホールドアウト債権者との協議を継続するよう指示した。
アルゼンチンが再び債務不履行(デフォルト)に陥った。ホールドアウト債権者(2002年のデフォルトで債務再編に応じなかった米投資ファンドなど一部債権者)と債務返済をめぐる協議を続けていたが、30日深夜の国債の利払い期限までに合意に持ち込むことはできなかった。
アルゼンチン政府は、債務の返済が債権者であるアメリカのヘッジファンドに対して7月30日までの期限に履行できない状態となり、31日にデフォルト(債務不履行)状態に陥った
アルゼンチンが一部ヘッジファンドに対する支払い猶予期限である7月30日までに満額の支払いに応じなかったため、選択的債務不履行となりました。背景を説明します。
アルゼンチン債務問題をめぐり米連邦地裁が調停人に指名したダニエル・ポラック氏は30日、アルゼンチン政府と債権者の間で合意が成立しなかったと表明、「アルゼンチンのデフォルト(債務不履行)が差し迫っている」との声明を発表した。
アルゼンチンは、債務再編に応じなかったホールドアウト債権者との法廷闘争に関連し、米裁判所が任命した調停人との協議を29日再開する。