aruzenchin

アルゼンチンを1−0で下してワールドカップ優勝を決めたドイツ。その強さの秘密、「カメレオン」的サッカーをデータで探る。
サッカーのFIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月13日、決勝でドイツがアルゼンチンを1-0と下し、24年ぶり4度目の優勝を飾った。試合後にMVPにあたる「ゴールデンボール賞」が発表され、準優勝したアルゼンチン代表のメッシが選ばれた。優勝を逃したメッシは、失意のままトロフィーを受け取った。スポニチなどが報じた。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会。優勝を争うのは、ドイツとアルゼンチン。ヨーロッパと南米の強豪同士が対戦します。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月14日、決勝戦を迎え、延長戦の末、ドイツがアルゼンチンを1−0で下し、1990年のイタリア大会以来、24年ぶり4回目の優勝を果たした。ドイツは途中交代で入ったゲッツェが決勝ゴールを決めた。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会、準決勝の2試合目が7月10日に行われ、アルゼンチンがPK戦でオランダを下し、決勝進出を決めた。
大会前、「優勝はブラジル、アルゼンチン、ドイツのどこかかな」と思っていたが、その3カ国が全てベスト4に勝ち残った。きわめて順当な結果と言っていい。「それ以外があるとすれば、スペインくらい」と思っていたのだが、スペインは早々とグループリーグで敗退してしまったのだから、僕の予言はたいして当たるものではないのだが……。残る1つは、そのスペインを初戦で粉砕したオランダになりそうである(この原稿は、アルゼンチンがベルギーを下した直後に書いている)。
アルゼンチンのキシロフ経済財務相は7日、債務問題で米連邦地裁から指名された調停者に対し、米連邦地裁のトーマス・グリーサ判事はアルゼンチン政府に対する支払命令の停止を復活させることが必要だと述べた。
サッカーワールドカップ・ブラジル大会第21日目の7月5日(日本時間5日)、準々決勝でオランダとコスタリカが対戦した。両チームとも無得点のまま延長でも決着がつかず、PK戦でオランダがコスタリカを4−3で破り、準優勝した前回大会に続く4強入りを決めた。
7月1日、格付け会社のS&Pはアルゼンチンの「CCC−」信用格付けを「クレジットウォッチネガティブ」に指定しました。このウォッチネガティブ指定とは30日間の猶予期間が7月30日に終了するまでに利払いが出来ない可能性が50%以上ある事を反映しています。
アルゼンチンの2001─02年のデフォルト(債務不履行)時に債務再編に応じなかった「ホールドアウト」債権者らに有利な判決が下ったことについて、アルゼンチンのキシロフ経済財務相は25日、国連での演説で、アルゼンチンは新たなデフォルトに追い込まれる、と訴えた。