aruzenchin

アルゼンチンは18日、中国から75億ドルの融資を受ける協定に調印した。アルゼンチンは現在、未払い債務をめぐる争いが原因で、世界の資本市場からの資金調達ができない状況に置かれている。
ワールドカップ・ブラジル大会は、下馬評どおり、圧倒的な完成度を誇るドイツが、文句なしの優勝を遂げて終わった。ベスト4に残った4カ国のうち、オランダ、ブラジル、アルゼンチンが引き分けのPK戦を最低1試合は強いられたのに対し、ドイツはすべてPK戦なしで勝ちきっており、その強さが他チームより1次元上にあったことは疑いえない。その点から見ても、結果はきわめて合理的なものと言える。それでも、と、アルゼンチンの優勝を強く祈っていた私は言いたい。この南米でのワールドカップは、非合理なものが主役を張った大会だったのだと。
アルゼンチン債務問題をめぐり、債務再編を拒否した主要ホールドアウト債権者である米エリオット・マネジメント子会社は18日、アルゼンチン政府が30日の期限を前に、債権者との接触や協議を避けているとして非難した。
決勝戦というのは、得てして安全第一の消極的な試合になることが多い。だから、よく「準々決勝あたりが最も面白い」などと言われるのだ。実際、過去のワールドカップ決勝を思い返しても、本当に面白い試合の記憶はあまりない。
アルゼンチンの債務問題をめぐり、債務再編を拒否した主要ホールドアウト債権者、アウレリウス・キャピタル・マネジメントは14日、アルゼンチン政府が真剣に交渉に応じない限り、7月30日に新たなデフォルト(債務不履行)の危機に直面するとの見解を示した。
アルゼンチンを1−0で下してワールドカップ優勝を決めたドイツ。その強さの秘密、「カメレオン」的サッカーをデータで探る。
サッカーのFIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月13日、決勝でドイツがアルゼンチンを1-0と下し、24年ぶり4度目の優勝を飾った。試合後にMVPにあたる「ゴールデンボール賞」が発表され、準優勝したアルゼンチン代表のメッシが選ばれた。優勝を逃したメッシは、失意のままトロフィーを受け取った。スポニチなどが報じた。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会。優勝を争うのは、ドイツとアルゼンチン。ヨーロッパと南米の強豪同士が対戦します。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会は7月14日、決勝戦を迎え、延長戦の末、ドイツがアルゼンチンを1−0で下し、1990年のイタリア大会以来、24年ぶり4回目の優勝を果たした。ドイツは途中交代で入ったゲッツェが決勝ゴールを決めた。
FIFAワールドカップ・ブラジル大会、準決勝の2試合目が7月10日に行われ、アルゼンチンがPK戦でオランダを下し、決勝進出を決めた。