asaseiryu

自身のTwitterを更新し、「結婚する事になりました。宜しく」と報告した。
1964年の東京オリンピック以来、すべての夏のオリンピック開催地を訪れ、2020年の東京オリンピックも楽しみにしていた。
大みそかに激しくぶつかり合います。
「その場にいたんか?」「本当の事聞きたくないか?お前ら」
たくさんの高校球児がメジャーリーグでプレーするのを夢見るように、大相撲は世界のたくさんの若い力士たちに夢を与えているのだ。
大相撲春場所でけがを押して強行出場して優勝した新横綱・稀勢の里に、元横綱・朝青龍らがコメントをした。
元横綱朝青龍が自身のTwitterに、横綱昇進を確実した稀勢の里の千秋楽の戦いに「長い間ご苦労様。ついでに泣いちゃた」と投稿した。
レスリングで連勝を続けていた伊調馨ロシアで行われた大会でモンゴルの若手に負けを喫した。これを受け、モンゴル出身の元横綱・朝青龍がTwitterで喜びを爆発させた。
大相撲九州場所で11月17日、横綱の白鵬が奇手「猫だまし」で栃煌山に勝ったことに賛否両論が出ているが、白鵬と同じくモンゴル出身の元横綱・朝青龍は同日、「猫ふんちゃた?(ふんじゃった?)」などと、日本人力士のふがいなさを嘆く一連のツイートを投稿した。
大相撲の聖地、両国国技館は2代目の建物で本場所を開催してから、30年を迎えた。
大相撲の元横綱・朝青龍が3日、審判批判騒動を起こした横綱・白鵬について、自身のTwitterで「白鵬もう帰って来て欲しい」などと呼びかけた。
「相も変わらず」なのは、大関陣である。ここ数年、序盤で下位力士に星を落とし、終盤は大関同士が星のつぶしあいにより、第68代横綱朝青龍ならびに、第69代横綱白鵬の独走を許した。
(18日、国際レスリング連盟〈FILA〉臨時総会) 大相撲元横綱朝青龍のダグワドルジ氏がモンゴル協会会長として総会に初出席。持ち前の社交性で会議に溶け込み、「大変な時期だが、FILAが一つになっていることを示せたと思う」と語った。