ashitamamagainai-akachanposuto

BPO(放送倫理・番組向上機構)は、日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」について検討を行った。その結果、放送人権委員会としては、このドラマが人権侵害に当たるかどうかについては来月の会合まで結論を先送りすることにした。
児童養護施設を舞台にした連続ドラマ『明日、ママがいない』の内容が「子どもたちを傷つける」として、全国児童養護施設協議会が日本テレビに改善を申し入れた問題。同協議会が1月下旬に日テレに送った抗議書では、ドラマを見た児童施設の女子児童が自傷行為に及んだ事例が紹介されていた。
水曜午後10時の民放ドラマが明暗を分けている。日本テレビの「明日、ママがいない」は、グループホームと呼ばれる小規模な児童養護施設が舞台になって、実の親が育てられない子どもたちが里親や養子縁組の相手の養親を探す物語だ。
日本テレビが「明日ママ」問題で"会社の立場"を放送内で詳しく釈明した。この番組は、2月9日(日)午前5時10分~5時20分の「日テレアップDate!」だ。
日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」の内容変更を児童養護施設の団体などが求めていた問題で、同社は2月6日までに謝罪文を発表した。「これまで以上に子どもたちに配慮してまいります」として変更に応じる構えだが、具体的にどう変えるのかについては「ドラマという性質上、説明できない」と明言を避けた。
「赤ちゃんポスト」を設置している熊本市の慈恵病院や全国の児童養護施設の施設長、里親などが「現在、児童養護施設にいる子どもたちが差別されかねない」と「放送の見直し」を求めている日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」。
日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」の問題がいよいよテレビ局にとってはお目付機関といえるBPO(放送倫理・番組向上機構)に持ち込まれた。
日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」。熊本市の慈恵病院や全国の児童養護施設関係者が「放送を見直してほしい」と訴えているが、日本テレビは「放送継続」を公表している。そんななか、慈恵病院がかかわって実母が育てられなかった子どもの命を助けたケースで、その子を特別養子縁組で自分の実子として育てている母親からメールが寄せられた。
日本テレビで1月15日に放送が始まった芦田愛菜さん主演の連続ドラマ「明日、ママがいない」。22日に第2話の放送を控え、1回目が前編、YouTubeで無料配信されている。
日本テレビのドラマ「明日、ママがいない」に対して、熊本市の慈恵病院が放送中止を申し入れることが、1月16日に明らかになった。「養護施設の子どもや職員への誤解偏見を与え、人権侵害だ」というのが理由だ。