asosan

9月14日午前9時49分ごろ、熊本県の阿蘇山が噴火した。
約1カ月ぶりに噴火が確認された熊本県の阿蘇山は、11月27日も中岳第1火口から噴火活動が続き、空の便にも影響が出ている。
熊本県・阿蘇山の中岳第1火口では小規模な噴火が発生し、26日朝には噴煙の高さが一時火口から約1000メートルに達した。
全国の31の活火山で噴火警戒レベルが設定されているが、このうち火山活動が顕著で登山規制が施行されているレベル2以上の山は、御嶽山を含めて8つある。
パリに本部を置く世界ジオパークネットワークは9月23日、世界的に貴重な地形や地質が残る自然公園「世界ジオパーク」に、熊本県の「阿蘇」を認定した。国内地域の認定は、島根県の隠岐諸島に続き7件目だ。
燃料電池の電極に使われている白金触媒の能力をはるかに超える水素酵素(ヒドロゲナーゼ)電極の開発に、九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所の小江誠司(おごう せいじ)教授らが世界で初めて成功した。