asurito

アメリカのスポーツ専門チャンネル「ESPN」が隔週で発行しているスポーツ雑誌『ESPNマガジン(ESPN The Magazine)』では毎年、『ボディ特集号(Body Issue)』と題して、アスリートたちのセミヌードを掲載している。このほど発売された2014年版も、かなりホットな出来となっている。
仕事ですからと割り切っている先生を見た時、それを許されるでしょうか? また思いの強さは必ず仕事の質と比例するのでしょうか? そもそも先生に求めているものは一体何なのでしょうか?
アスリートの才能は本当に自分だけで得たものでしょうか? もしかするとそれは多くの人に支えられていたり、たまたまその身体に生まれついたりという側面がありはしないでしょうか? その場合社会に貢献をする義務は選手にはないのでしょうか?
さてここで一つ質問をしてみたいと思います。浅田選手の人生は一体誰のものでしょうか。そんなの浅田選手のものに決まっている、と言われる人はおそらく多いでしょう。
ご無沙汰しております。以前、相馬へのアスリート訪問の記事を書かせて頂いたSun Light RCの細野です。 この度、「マラソンは上半身が9割」という本を出版いたしましたので、ここにご報告いたします。
オリンピック期間中に放映されたP&Gの伝統的な「お母さん、ありがとう」広告に、あなたは感動しませんでしたか?母親たちが手助けしながら、小さく魅力的なアスリート達がチャンピオンに成長していく姿を映した映像に。
あの場面、選手たちは何を語った?ソチオリンピックアスリートたちのコメントを振り返る。
ソチオリンピックのノルディックスキーのジャンプ団体で銅メダルを獲得した竹内択(たけうち・たく)が、競技後の記者会見で難病「チャーグ・ストラウス症候群」を患っていることを告白した。
第22回冬季オリンピック競技大会「ソチ五輪」の開幕を間近に控え、日本人選手のメダル獲得ラッシュへの期待感は高まるばかりだ。そこでオリコンが「ソチ五輪でメダル獲得が期待できる日本人選手」に関するアンケート調査を実施。メダルへの期待が最も高まっている選手はだれ?
冒頭の女性たちは、身長も体重も人種もプロポーションも非常に多様だ。
ビーナス・ウィリアムズは、その強烈なサーブとしなやかな俊敏性で女子テニスに新しい風を吹き込みました。そして、この身長 185cm のアスリートは、コート内外でファッションにも大きな影響を与えました。