asutachin

ざっくり言うと、「放射性元素を含む化合物を投与し、体内から放射線で病巣細胞を攻撃する治療法」です。
アスタチンへの関心が高いのは、がんの全身性標的療法に利用できる可能性があるからだ。