aunsansuchi

新国会が開会したミャンマーで、アウンサンスーチー党首が率いる国民民主連盟(NLD)と国軍が、「スーチー大統領」の実現をめぐって水面下で攻防を繰り広げているとの観測が広がっている。
私が大使を務めていた2000年代前半、ミャンマーは八方ふさがりの状況だった。
「リトルヤンゴン」とも呼ばれる高田馬場。そこで人気のレストランを営むミャンマー難民の激動人生とは。
難民にとってアイデンティティは非常に繊細で重要な問題。シャンカイさんの場合は「日本で生まれ育った」「ミャンマーのチン民族」である。
ミャンマーで行われた総選挙の結果、アウンサンスーチー氏主導の民主派政権が2016年春に発足することになった。フォトジャーナリスト宇田有三さんに、現地の様子や新政権の課題などを伝えてもらった。
ミャンマーのアウンサンスーチー氏は、何百万人の人々が初めて選挙権を行使する歴史的選挙で対立勢力を破った。
軍指導部が憲法に仕込んだ周到な条項の数々を見ると...
1996年10月に衆議院議員になって以来、「ビルマの民主化」を求めてたちあがった青年たちの支援を続けてきました。
おそらくNLDの歴史的な大勝利となる選挙の結果がミャンマー/ビルマにとって吉と出るのか、凶と出るのかの先行きが不透明です。
ミャンマーで2011年の民選移管後で初めての総選挙の投票が、11月8日に行われた。