bafetto

彼は、この「システム志向」こそが成功の秘訣であると言っている。それは、ビジネスだけでなく、さまざまなこと、ブログとか、ダイェットとか、クリエィティブな仕事とかにも有効であると。
投資家のバフェット氏は一日の仕事の80%は『読んで考える(reading and thinking』ことに使っているそうだ。この記事に自身が語っておられることだ。
ビジネスの成功に関係するのは家柄や学業成績ではない。ビジネスを始めた年齢だと、バフェットは言っている。
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツとウォーレン・バフェットは、年の離れた友人として互いに信頼し、親交を重ねていることで知られている。ゲイツがバフェットから受けた最良のアドバイスの一つが「本当に重要なことだけを選んで、それ以外は上手に『ノー』と断ることも大切だよ」という言葉だ。
7月13日の日曜の夕方、ネブラスカ州オマハにいる少年トム・ホワイトくんが友達とぶらついていたら、ポール・マッカートニーとウォーレン・バフェット(!)がベンチでおしゃべりしていたのを発見。
時代の寵児と呼ばれる人たちがいる。流行の波に乗り、新しい理論や方法で大きな富と力を得る。しかし、ほとんどは短命に終わる。
超一流のビジネスは超一流のやり方でやる。それは法律の次元ではなく、名誉であり信用であり、プライドの問題だった。
ビッグデータを駆使した新たなジャーナリズム「データジャーナリズム」のスター、ネイト・シルバーさんが率いるニュースサイト「ファイブサーティエイト(538)」が17日、ついに公開された。
ウォーレン・バフェットやビル・ゲイツらが中心となり、世界の富裕層がその資産の大半を慈善団体へ寄付することを奨励したおかげで、"Giving Pledge(寄付誓約)"キャンペーンは多くの寄付金が集まりました。
著名な投資家・資産家で、世界最大の投資会社バークシャー・ハサウェイの筆頭株主でもあるウォーレン・バフェット氏は10月4日ビジネス雑誌『フォーチュン』のインタビューに答え、政治家が関連性のない法案(オバマケア/アメリカの医療保険制度改革)を思い通りのするため債務上限引き上げを脅迫材料として使うのは「まったく理解できない」と述べた。
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが2日発表した第2・四半期決算は6%の増益となった。利益も押し上げ要因となったのは?
米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの中核企業である電力・エネルギー供給会社ミッドアメリカン・エナジー・ホールディングスは、同氏がバークシャーのキャッシュを投資する際のお気に入りの手段になりつつある…
[オマハ(米ネブラスカ州) 3日 ロイター] 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが3日発表した第1・四半期決算は、約51%の増益となった...