baiden

アメリカのバイデン副大統領は10月21日(現地時間)、ホワイトハウスで、2016年の大統領選挙に立候補しないと明らかにした。
アメリカのオバマ大統領は7月18日、17日にウクライナ東部のドネツク近郊で発生したマレーシア航空機の墜落に関してホワイトハウスで声明を発表し、298人の乗客乗員が死亡した事態を「言葉には言い表せないほどの憤りだ。少なくともアメリカ人1人が犠牲となったことを確認した」と述べた。
オバマ米大統領は30日、カーニー大統領報道官が来月退任すると発表した。後任にはアーネスト同副報道官が昇格する。 ホワイトハウスの報道官は通常は2年程度で交代するが、カーニー氏は3年以上務めた。
どの国であれ、よその国のことを知るのはそうたやすくはない。韓国に身を置いて考えるとき、この国の人たちが隣の中国をどう考えているのか、なかなか分かりにくい。私は新聞記者としてソウルに2度勤務し、留学、長期出張を含めると都合7年ほどこの国に住んだ計算になるが、最も分かりにくかったことの一つがそれだった。
米国のバイデン副大統領は日本訪問に引き続いて、12月4日から中国を訪問する。この訪問を日本はどのように見るべきだろうか。
日本航空や全日空は、中国が主張し始めた防空識別圏に当初従う決定をしたが、日本の航空当局からの圧力により、撤回に至っている。ところが、中国防空圏にB-52爆撃機を送り込んで挑戦状を叩きつけたはずの米国で、連邦航空局FAAはユナイテッド航空やデルタ航空に対し、中国側の要求に従って飛行計画を通知するよう勧告した。