baidenfukudaitoryo

バイデン副大統領はサンフランシスコ大学のジェネテックホールで、がんのない未来への取り組みについてIT業界の人々と語る円卓会議に参加した。
韓国政府は6日、国家安保政策調整会議を開き、防空識別圏の拡大案を決めた。関係国に説明したうえで、8日に発表する。韓国政府関係者が明らかにした。拡大後は日中の識別圏と一部が重なるとみられ、韓国政府は関係国と緊密に協議していく方針だ。
韓国も防空識別圏を拡大する。アメリカのバイデン副大統領は、韓国政府の動きを反対せず、「韓国の努力を評価する」と述べた。バイデン大統領の発言には、どのような背景があるのか。
中国が設定した防空識別圏について、日本とアメリカでは温度差がある。世界もそれに気がついている――。中国紙の「環球時報」は、日米の言動に差があるとの分析を一面で報じた。
安倍首相は11月3日夕方から、アメリカのバイデン副大統領と会談した。バイデン副大統領と安倍首相は、一方的に中国が東シナ海に設定した「防空識別圏」について、「認められない」との姿勢で一致した。
日本航空や全日空は、中国が主張し始めた防空識別圏に当初従う決定をしたが、日本の航空当局からの圧力により、撤回に至っている。ところが、中国防空圏にB-52爆撃機を送り込んで挑戦状を叩きつけたはずの米国で、連邦航空局FAAはユナイテッド航空やデルタ航空に対し、中国側の要求に従って飛行計画を通知するよう勧告した。