bakanti-tainin

STAP細胞論文の共著者であるアメリカ・ハーバード大学のチャールズ・バカンティ教授が、在籍する病院の麻酔科長を9月1日付で退任し、1年間休職することを決めた。