bakumatsu

署名はなく、だれがいつ描いたのか全くわかっていない
アメリカの個人宅で見つかった短刀は、幕末の思想家、吉田松陰のものだった。3月29日までに群馬県前橋市が、鑑定結果を発表した。
坂本龍馬が暗殺される5日前に書いたと推定される手紙の中で、新政府の財政担当者に福井藩士の三岡八郎(後の由利公正[ゆりきみまさ])を出仕させるよう懇願しています。
「刀の手ぬぐいで、武士の魂、日本の心を表現したい」という。
幕末の志士と恋人のロマンスは伝説となっている。
幕末に新撰組の幹部として活動した斎藤一(さいとう・はじめ)の鮮明な写真が、初めて発見された。
激動の時代を生きた男たちの貴重な写真を集めてみた。
近代日本の夜明け、明治維新。開国とともに外国からやってきた人たちは、日本の風景、人々を描いた絵葉書をこぞって買い求めた。
幕末の志士、坂本龍馬が暗殺される直前に書いた手紙の草稿が、東京で見つかった。倒幕後の新政府の構想などが書かれており、貴重な史料となることが期待されている。
江戸時代、東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)には、加賀藩やその支藩である富山藩や大聖寺藩など多くの大名屋敷があった。キャンパス内では発掘で、「蘭引」(らんびき)と呼ばれる薬や酒を蒸留するのに用いた器具や、泡盛が入っていたと思われる沖縄の「壺屋焼」のとっくりなど酒にまつわる遺物が出土、江戸の大名屋敷の豊かな暮らしぶりを伝えている。