banguradeshu-biruhokai

バングラデシュの工場をより安全にする取組みが進められてはいる。しかし、労働組合結成や、よりよい労働条件を求める活動などの労働者保護の国際労働基準の実施に向けて、バングラ政府および先進国小売業者には、やれること・やるべきことがもっとある。
バングラデシュで1千人以上が死亡したビル倒壊事故。ビルには、世界各国のアパレルブランド製品を作る縫製工場などが入居していた。この事故で、衣料品を製造するアジアの工場での劣悪な労働環境や安全基準の問題が改めて浮き彫りになった。こうした現状に、スペイン・マドリードの高級街地区のアパレルショップの前で崩壊事故を「再現」する抗議アートの動画をスペイン人女性アーティストがYou Tubeに投稿、話題になっている。