baniraea

車いすの男性がバニラ・エアの旅客機に搭乗することを拒否され、自力でタラップをよじ登ったことは大きな反響を呼んだ。本人がこの問題について改めて振り返った。
弱者の意見が炎上しないと反映されにくい社会側にも、なんでも我慢して意見を言わない障害者側にも問題があると思います。
どうしてこれほど「まっとうな主張をしても叩かれる」という現象が多いのか。
「障害のある人も参加させてあげよう」ではなく、「障害のある人は本来そもそもそこにいて当たり前」の前提がもっと広がっていってくれたらなと思います。
前大阪市長の橋下徹氏は7月1日、格安航空バニラエアが車椅子の男性の搭乗をめぐってトラブルになったことに関し、対応に批判が集まっている男性を自身Twitterで擁護した。
格安航空のバニラエアで、車椅子の男性の搭乗をめぐってトラブルになったことについて、作家の乙武洋匡さんが6月28日、ハフポスト日本版の取材に対して「明らかに法律違反」 とバニラエアの対応を批判した。
バニラ・エアが掲げる「自力で歩けない人は搭乗できない」というルールには、はたして客観的な正当性があるのだろうか。
格安航空会社バニラエアが6月5日、奄美空港で「歩けない人は乗れない」として、下半身不随の男性が車椅子に乗った状態で搭乗することを拒否した。これを受けて男性は、車椅子を降りて腕の力でタラップをよじのぼって搭乗した。
7月1日、エアアジア・ジャパンからバニラ・エアにブランド変更されて以降、初の独自路線となる、東京/成田〜奄美大島線に就航した。ANAグループが就航していない奄美大島をなぜ選んだのか、同社の今後の戦略とともに、石井知祥(いしい・とものり)代表取締役社長に聞いた。
7月1日、エアアジア・ジャパンからバニラ・エアにブランド変更されて以降、初の独自路線となる、東京/成田〜奄美大島線に就航した。ANAグループが就航していない奄美大島をなぜ選んだのか、同社の今後の戦略とともに、石井知祥(いしい・とものり)代表取締役社長に聞いた。