baree

バレエ界の「アカデミー賞」とも呼ばれる「ブノワ賞」に、日本人として初めて木田真理子さんが最優秀女性ダンサー賞を受賞した。ブノワ賞とはどのような賞なのか。
若手バレエダンサーの登竜門として知られるスイスのローザンヌ国際バレエコンクールの決勝が2月1日夜、スイス西部のローザンヌで行われ、長野県の高校2年生、二山治雄(にやまはるお)さんが優勝した。また、神奈川県の高校1年生、前田紗江(さえ)が2位を受賞した。このコンクールで日本人が優勝するのは、菅井円加さん以来2年ぶりで、1986年に熊川哲也さんが受賞して以来3人目。
草食男子、メガネ男子、料理男子……さまざまな男子ブームが、次に到来するのは華麗に踊る「バレエ男子」かもしれない。「ダンスマガジン」などで知られる出版社「新書館」(東京都文京区)が新たなバレエ雑誌「ダンシン」を創刊した。ターゲットは、バレエを習っている12歳前後の「バレエ男子」たち。世界的な男性バレエダンサー、熊川哲也さんのインタビューやテクニック解説などを掲載、男子でも手に取りやすいスポーツ誌のようなクールなデザインになっている。中でも注目を集めているのが、足立たかふみさんの新連載漫画「ダンの冒険」だ。英国ロイヤル・バレエのプリンシパル、スティーヴン・マクレイさんがモデルで、(恐らく)世界初となるヒーローファンタジー系バレエ漫画が新しい風を吹き込んでいる。