bareedansa

全日本空輸(ANA)の客室乗務員から吉田都さん率いる新国立劇場バレエ団のダンサーに。4歳で始めたバレエ、海外で挫折しその道を諦め一度就職した彼女が、プロとして再びステージに立つまで。
あまり知られていないけれどラテンアメリカには素晴らしいバレエ文化がある、と撮影したローブルス氏は語る。
肌の色や社会的なバックグラウンドではなく、才能や技術によって評価される時代が近づきつつあるのかもしれません。
キューバには、世界トップレベルのバレエダンサーたちが存在する。
ステファニー・ ケルロウはオーストラリア生まれの14歳。
写真家のリック・ゲストは写真集「ホワット・ライズ・ビニース」で、バレエダンサーたちの鍛え上げられた肉体を発表した。
「スカラムーシュ、スカラムーシュ、ファンダンゴを踊ってくれる?」