bariafuri

有るものをシェアすればいいのです。
テクノロジーが多くの人の生活を快適にしてくれるささやかな例が、意外なところにもある。
常にお金と天秤にかけられる、命。見直すべきは、障害者への差別とかそんなことよりずーっと手前の、私たちの「命へのまなざし」そのものだと思うのだ。
どうしてこれほど「まっとうな主張をしても叩かれる」という現象が多いのか。
ろう者の両親を撮影した韓国のドキュメンタリー映画「きらめく拍手の音」が6月10日から公開される。
これは、障害当事者や関係者だけの問題ではなく、社会を構成しているすべての人に問いかけられている課題だと思えてなりません。
「Different is better」のマインドで、ダイバーシティを実現していく。
PRESENTED BY LENOVO
開業当初からこれだけのソフト・ハードのバリアフリーを備えていたなら、すごく先進的だと思います。
ベビーカー使用者の「気づかい」も調査している。