batakuran

11月12日、パリのバタクラン劇場を埋め尽くした観客に、歌手スティングは語りかけた。
今回の現場一帯は、黒人やアラブ人の移民家庭が多い一方で、左派系知識人らが近年好む場所ともなっている。
週末を控えた金曜の夜。パリ市民はサッカー代表の試合やロックバンドのコンサートを楽しんでいた。その日常が、一瞬にして地獄絵図へと変わった。