BCP

広域・多職種への拡張可能なBCPのモデル作りが期待されます。
都区部に立地する中小ビル面積の79%は築20年以上を経過しており、大規模ビルが46%であるのとは大きな違いとなっている。
この週末に、読売新聞などの大手メディアにて、カネボウ化粧品の美白化粧品白斑被害の続報ニュースが流れてましたね。すでに回復された方もいるとのことですが、カネボウの発表 (12月2日)によると、現在症状が確認されている方は約13,500人(うち重度の症状の方は約5,500人)、症状の改善が見られた方は約3,500人となっています。