bei-iraku

ホワイトハウスは「アメリカがイラクを空爆する」との報道に対し、「コメントしない」と述べた。
オバマ米大統領は19日、イスラム教スンニ派の過激派組織が勢力を拡大しているイラクに対し最大300人の軍事顧問を派遣するとともに、必要なら的を絞った軍事行動を取る考えを示した。 大統領は国家安全保障チームとの協議後、ホワイトハウスで会見を開き、「米軍がイラクで再び戦うことはない」と強調。
イスラム教スンニ派の過激派武装組織「イラク・レバントのイスラム国(ISIL)」がイラク北部で勢力を拡大していることについて、オバマ米大統領は12日、米軍による攻撃の可能性も排除しないと明言した。