benedikutoichirokusei

ワールドカップ・ブラジル大会は、下馬評どおり、圧倒的な完成度を誇るドイツが、文句なしの優勝を遂げて終わった。ベスト4に残った4カ国のうち、オランダ、ブラジル、アルゼンチンが引き分けのPK戦を最低1試合は強いられたのに対し、ドイツはすべてPK戦なしで勝ちきっており、その強さが他チームより1次元上にあったことは疑いえない。その点から見ても、結果はきわめて合理的なものと言える。それでも、と、アルゼンチンの優勝を強く祈っていた私は言いたい。この南米でのワールドカップは、非合理なものが主役を張った大会だったのだと。
伝統的な価値観を守るためには、新しい価値観を攻撃するのではなく、うまくバランスを取ることがむしろ重要である。ローマ・カトリックのフランシスコ法王が発したメッセージが世界で話題となっている…
新しいローマ法王は、自らの教えを実践している。今年3月に就任した新ローマ法王フランシスコを乗せて、カステル・ガンドルフォに到着した車は、地味なフォード・フォーカスだった。[「カステル・ガンドルフォ(ガンドルフォ城)」は、歴代ローマ法王が毎年夏になると滞在してきた避暑用の城。ローマから数十キロの距離にあり、約55ヘクタールの敷地に別荘や農園が広がっている]