berurusukoni

この国民投票の結果は、ヨーロッパとイタリア政府の全体に影響を及ぼす。
イタリアのベルルスコーニ元首相(77)が未成年買春と職権乱用の罪に問われた裁判で、伊北部ミラノ高裁は7月18日、逆転無罪判決を出した。2013年6月の1審は、求刑の禁錮6年を上回る禁錮7年の有罪判決だった。
イタリアは、崩壊の寸前に立っている。その主な原因は、老人により統治されているイタリアの政治的、経済的システムだ。
ハフィントンポスト各国版11月28日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、US(アメリカ)版からお伝えします。感謝祭明けの金曜日、アメリカでは全国的に大規模なセールが行われます。これを「ブラック・フライデー」と呼びます。しかし、その狂騒の裏では労働者たちの抗議の声が上がっています。
ハフィントンポスト各国版11月28日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、US(アメリカ)版からお伝えします。11月28日はアメリカの祝日、感謝祭です。ホワイトハウスでは、毎年恒例の「恩赦」が行われました。
ハフィントンポスト各国版11月21日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。本日は、フランス版からお伝えします。11月15日と18日、メディアや金融機関に散弾銃を持って襲撃したとみられる容疑者が20日夜、逮捕されました。
ハフィントンポスト各国版11月14日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。スペイン版では、2002年に発生したスペイン史上最悪の原油流出事故に対する国の行政責任を問う裁判の判決が下されたことを伝えています。
ハフィントンポスト各国版11月13日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。マグレブ(アフリカ北西部)版では、エジプトの知識人層も軍事クーデターによって樹立された政権を支持しています。その背景をハフィントンポスト・マグレブ版編集部が分析しています。
ハフィントンポスト各国版11月11日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントンポスト・イタリア版では、脱税の罪で、議員資格剥奪を審議されているベルルスコーニ元首相の独占インタビューを掲載しています。インタビューの中でベルルスコーニ氏は、自身の議員資格剥奪を採択することは「法の支配」に反しているとともに、人権の侵害であると主張しています。
ハフィントンポスト各国版11月8日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。イギリス版では、フィリピンに上陸した「観測史上最大規模」とも言われている超大型台風ハイヤン(台風30号)について報じています。