bgatakanen

21世紀でも、伝染病は依然として公衆衛生業務の重点課題であり、中国はウイルス性肝炎(特にB型)、肺結核、下痢、手足口病、エイズ等を伝染病防止・予防の重点疾患とするべきである。
B型肝炎治療用の飲み薬に、がんの転移を抑える可能性があるとするマウスでの研究結果を、九州大の研究チームがまとめた。ヒトでの臨床試験(治験)で有効性や安全性を確かめ、5年程度で公的医療保険の適用を目指すという。論文が3日付の米医学研究誌に掲載される。
血友病患者の全国組織「ヘモフィリア友の会全国ネットワーク」が3月、日本赤十字社に対して、血液製剤を海外の血友病患者へ寄付するよう要望したそうです。こう言われても、一体何のことかサッパリ分からないと思いますが、歴史的な出来事になるかもしれません。