bijinesupason

企業のSDGs担当者、SDGsをからめた企画を立てたい人、ビジネスパーソンの常識としてSDGsの最新ニュースを知っておきたい人、個人でSDGsに取り組みたい人...。SDGsをもっと知りたい人のために。ハフポスト日本版が、SDGsの情報収集や課題解決のためのアクションの参考になる「ガイドブック」をつくりました。
印象的な会話を始めるコツは「やや遠い世界のストーリー」を共有すること。
「教養」は、ビジネスに直接役立たないどころか、グローバル化した世界を生き抜くための最強の武器になります。なぜでしょうか?
「アメリカ人は反省しない」。アメリカ人と一緒に働いている日本人ビジネスパーソンを対象に異文化理解セミナーを行うと、必ずと言ってもよいほど聞かれるコメントだ。
多くの人が一日の大部分を占める「歩く」という行為を重要視していないことです。
日本の一般的なビジネスパーソンに足りないと感じる事のひとつに、外資系や日本企業の国際部門で働いている方であったとしても、ほとんど日本のメディアにしか接していない、ということがあります。
書籍のプロがビジネスパーソン必読の一冊を紹介するこのコーナー。今回は、日本第2位の大手製紙業メーカー日本製紙の石巻工場を追った一冊『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』を取り上げる。
今回は、NEC、マッキンゼー、ユニデンやアップルなど、多彩な企業で人事を担当した経営学者、キャリアコンサルタントの小杉俊哉氏が仕事を楽しみに変える方法を語った『起業家のように企業で働く』を紹介する。
僕はお2人との出会いを通して、「師匠を追いかけ、師匠を知る」ことで深く理解する師匠制度という勉強スタイルに変わりました。ちょっとカッコ良く言ってみましたが、要するに大好きな人やものを追っかける"追っかけ精神"です。