bijutsu

有名な古典絵画にフォトショップで現代の様々な雑誌のカバー写真をはめ込んだ「Mag+Art(雑誌+芸術)」は、人々が、現代美術と古典美術とでは違った態度で作品を見ることに対する挑戦だ
壊される寸前のオフィスビルが丸ごと一棟、斬新で自由な「美術館」に生まれ変わった。東京・麹町で9月15日まで開かれているアートイベント「#BCTION」。舞台となったのは築50年に届こうというビルで、老朽化などの理由から建て替えが決定、10月には引き渡される運命だ。
十四代今泉今右衛門さんが重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されることになる。
コンセプチュアル・アーティストの第一人者として世界的に知られる日本人画家の河原温氏が亡くなったと、7月10日ハフィントンポストUS版が報じた。81歳だった。
約30年前のフロッピーディスクから、米芸術家アンディ・ウォーホルによるデジタル画像10点以上を取り出すことに成功したと、米カーネギーメロン大学が24日発表した。
「光の画家」と呼ばれるオランダの画家・レンブラントが、福井県の特産品「越前和紙」を使っていたかもしれないとして、県が調査に乗り出した。
アメリカのブッシュ前大統領が描いた各国の首脳経験者や著名人の肖像画が4日(現地時間)、テキサス州ダラスのブッシュ大統領記念図書館で報道関係者らに公開された。日本の小泉純一郎元首相の絵もあり、5日から6月上旬まで展示される。
スクープは大きくふたつに分けられます。ひとつは、これまで一般に知られていなかった秘密を暴くもの。もうひとつは、誰もが当たり前だと思っていたことに対して、「それはルール違反だ」と指摘するものです。公募美術展「日展」の書道部門で、入選数を有力会派に事前分配していたという朝日新聞のスクープは後者の典型でしょう。
京都でも見ることのできない京都ー。東京国立博物館で開催されている「京都―洛中洛外図と障壁画の美」展が12月1日で閉幕する。戦国から江戸にかけ、栄華を誇っていた都を当時の人々はどのように描いたのか。名だたる「洛中洛外図」を一堂に集めた展覧会は来場者が20万人を突破。時代を超えて、今も人々を惹きつけているようだ。
公募美術展「日展」の洋画と工芸美術の分野で、審査員が所属会派の作品を応募前に指導する慣行があることがわかった審査員の判断基準が身内だけに伝わり、公正な審査を妨げた可能性がある。