bijutsukan

アートとの出会いは、ネガティブな感情を落ち着かせる効果があるだけでなく、がん生活を彩りのあるものに変えてくれる役割も果たしてくれました。
「私は時間的には手がかけられなかったんです。だけど気持はいっぱいあった」
沖縄の多様な側面に出会い直す機会に、私たちはその声をどのように聞き、人に伝えることができるのだろうか。
岐阜県美術館が連載する監視係を描いた「ミュージアムの女」が人気を集めています。
ここは鑑賞するためだけじゃなく、命を助ける美術館。
「公立美術館なので、それに合う形態の展示をしなければならない」
マウスホイール操作でズームアップすれば、まるで、作品まで数cmの距離に顔を近づけたかのように絵画の隅々まで観察できます。
こんなにいいことだらけ。読んだらきっと一人で美術館に行きたくなる。
参加者はフィンセント・ファン・ゴッホほどの絵画テクニックは必要ない。