bijutsukan

参加者はフィンセント・ファン・ゴッホほどの絵画テクニックは必要ない。
芸術のオリジナル性とは何かは、古くて新しい問題だ。
John Olson率いるチームは、有名な絵画をデジタル彫刻に変換し、全盲の人が触れて体験できるようにしたいと思っている。
今年4月に開催された、東京都、アーツカウンシル東京、そして六本木アートナイト実行委員会主催の「六本木アートナイト2015」のレポートをご紹介します。
東京都現代美術館の展覧会「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展で一部の作品が撤去されてしまうかもしれないと知り、その前に觀ておきたいと足を伸ばした。
美術館でどんな展覧会を開くかを考え、企画するのがキュレーターの仕事。森美術館(東京・六本木)のキュレーター、荒木夏実さんにその仕事について聞いた。
ドキュメンタリー映画の巨匠、フレデリック・ワイズマンの新作の舞台はイギリスのナショナル・ギャラリー。荘厳な西洋絵画がずらりと並ぶ由緒あるギャラリーに観客を誘う。
ドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマン監督が、新作『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』で世界最高峰の美術館に足を踏み入れた。
美術館に行くにはそれなりの「心構え」が必要だ。ショッピングモールに行くときのように、何も考えずに行っていいわけではない。また、社会的・文化的ステータスを象徴する行為として行くのもよくない。美術館に行くことは自分に対する投資であって、より意識的に行動し、自身の感受性を磨いて初めて、その楽しみも倍増するのだ。
イギリスの大英博物館は、2014年10月8日に新たな"オンラインショップ"をオープンした。しかし、普通のミュージアムショップのように消しゴムや鉛筆を売っているわけではない。