biseibutsugaku

ボルバキア属の細菌はさまざまな節足動物に感染し、節足動物にはヒトに感染する多くのウイルスを媒介する蚊も含まれる。
真核生物のルーツは原核生物の1群であるアーキアにあることが徐々に明らかになってきている。
素早く動き回るミドリムシを画像化し、さまざまな環境下での物質代謝がミドリムシ個体間でどう異なっているかを、東京大学の研究グループが明らかにした。
NAISTの新藏礼子教授らは、腸粘膜で分泌されるIgA抗体を1種ずつ分離し、その一つに、腸内細菌に幅広く結合し、増殖を抑える機能があることを突き止めた。
ブドウ球菌感染を防止するのに役立つ可能性がある。
重要な発見がNature Microbiology の創刊号で報告された。自然界で現在進行中の共生進化の過程を捉えることに、日本の研究チームが成功したのだ。
繊維摂取の減少など、腸内微生物相の多様性の一般的な減少と並行している。
メタンの嫌気的酸化は、メタンを酸化するアーキアと硫酸還元細菌からなるコンソーシアによって行われる協働過程。
渦鞭毛藻類ワルノヴィア科に属する単細胞性植物プランクトンは、原生生物界で見られる驚くべき多様性の代表例である。