bitoku

今回、特に新たな文章を書いて話題にしたいと思ったのは、「強迫機制による防衛」である。
日本経済が立ち直りかけている今、誇りや自信と慢心や驕りとをしっかり区別しなければ、また失敗を繰り返すことになる恐れがある。
約束を守るということが、とても大切な美徳だったのは、もう過去のことなのだろうか。僕らを導くはずの政治家たちは、平気で約束を破る。約束を破るためには2種類の方法がある。やっぱりできませんでした!ゴメンナサイ!ってのと、言葉の意味と解釈を変えてしまって、ヤクソク、破ってません!ってのだ。
日本人は議論が苦手だと言われている。が、これは「自分の意見をはっきり言わない」ぐらいに理解されている場合が多いようだ。議論の種類や方法について語られることは滅多になく、無遠慮な恫喝で他人を黙らせるのが「議論の上手い人」と見なされてしまう。
よく言われるイメージとして、欧米の人は「個人主義」で、日本人は「集団主義」というものがあります。