bitotakeshi

「金返せよ。外国に恥ずかしくて行けないよ」とバッサリ。
「ファミコン・ジャンプ・フジテレビ」が日本のポップカルチャーを変えた80年代、自分を含めた多くの子どもは志村けんさんを裏切ることになった。そして今、それについて、うしろめたさを抱えたままでいる。
自身がレギュラーを務めるTBS系「新・情報7DAYSニュースキャスター」で語った。
紅組白組の枠を超えた「特別企画」としてステージに立つ
9月1日の「ビートたけしのTVタックル」は、交通事故を特集。東京、神奈川、千葉、埼玉の交通事故多発交差点のワースト10を発表する。
「闇営業」「直営業」について「それをやんなきゃ食えないような状態の事務所の契約はなんだ」と事務所のシステムについて言及した。
何百億という財産分与の報道には「ちゃんと調べたら出てくるんじゃないの」とかわした。
テレビの視聴者も出演者もどんどん高齢化していく。行き詰まりを感じて、テレビ以外の場所に活路を見いだす芸人はこれからもどんどん増えていくだろう。
両陛下に向けた、北野武さんのユーモアあふれる祝辞が反響を呼んでいます。
Twitterでは「熱湯風呂」や「おでん芸」の影響もあるのではと声が上がっていました