bittokoin

カナダのアルバータ州に本拠を置く仮想通貨ビットコインの取引所「フレックスコイン(Flexcoin)」は3月4日(現地時間)、同社の公式サイト上で、取引の停止を発表した。
仮想通貨「ビットコイン」の大規模な取引所だった東京のマウントゴックスが、このほど破綻した。しかし、この件で「損をした女性」はほとんどいないようだ。
大手取引所「マウント・ゴックス」が破綻しても、ビットコインに著名投資家や一般利用者のマネーは流れ込み続ける。ビットコインは、その特徴から「通貨のインターネット(Internet of Money)」と呼ぶ人々もいる。
シンガポールとビットコインの関係では世界初のものがあります。それは金融先進国シンガポールの税務当局(IRAS: The Inland Revenue Authority of Singapore)が税の指針を出したということです。正確には「ビットコインを例とする仮想通貨」が包括して対象になっています。
仮想通貨「ビットコイン」の取引所である「マウントゴックス(Mt.Gox)」が2月28日、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。会社の経営トップらが28日に記者会見し、明らかにした。
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の最大手の取引所「マウント・ゴックス」(東京都渋谷区)に対して、アメリカ・ニューヨークの連邦検察が召喚状を出した。
今月に入り、電子マネーのビットコインが、かなりややこしいことになっている。世界有数の取引所、東京・渋谷の「Mt.Gox(マウント・ゴックス)」が25日から機能停止に陥っているというのだ。
米ニューヨーク・マンハッタンの金融街で毎週開かれる、インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引セッション。27日に行われたセッションでは、ビットコイン界の大物とされる人物が逮捕されたことが大きな話題となっていた。米当局は26日、ビットコインの普及促進団体「ビットコイン・ファンデーション」のチャーリー・シュレム副会長(24)を逮捕し、マネーロンダリング(資金洗浄)などに関わったとして翌27日に訴追した。同氏は逮捕後、団体の副会長を辞任した。
犯罪者から押収された時価28億円相当のビットコインの行き先は――。違法薬物密売サイト「シルクロード」を摘発した影響で生じた、所有者不明のビットコイン、2700万ドル(約28億円分)がアメリカ連邦捜査局(FBI)に押収された。
まるで酔っぱらいのように崩壊と回復を繰り返した2013年のビットコインは、マスコミに無限のネタを提供し、存在を大衆に知らしめると共に、それを支えるネットワークは一歩ずつ成熟しつつある。1日に50%も損したり儲かったりする資産は投機の道具として扱うほかなく、中でもこれは驚くほどリスキーだ。