bochiyochi-fusoku

ノルウェーでは現在、墓地用地の不足が深刻化している。墓は、わずか20年で次の利用者を入れなければならない状態だ。埋葬は土葬方式であるため、遺体が早急に土に返るよう、地上から棺に向かって石灰等を注入する業者もいるという。